2017年 7月 の投稿一覧

破れたらあきらめる?レースの穴あき 破れ修理

レース素材のお洋服は上品で高級感があったり、かわいくてキュートなデザインだったり、好きな方は多いのではないでしょうか?しかし問題が一つ!引っ掛かりやすく破れやすいんですよね。今回は穴のあいてしまったレースのお直しをご紹介します。
レースの穴あき修理

上記の写真は、アイロンで焼いてしまい、レースに穴があいてしまったお洋服です。セーターやニット素材のお直しであれば、以前ご紹介した穴かがりが良いのですが、今回はアイロンで焼いてしまっていてそれも難しい状態でした。そこで、同色の糸を刺繍のように編み、穴を隠すことにしました。下記が作業後の写真です。

うまく隠れていますでしょうか?このように洋服のお直しの方法は、一つではありません。熟練のスタッフがお客様と共に悩み、よりよい方法をご提案いたします。この洋服お気に入りだったのに直るかなぁ~・・・・。なんて思われているものがございましたら、店頭にお持ちいただくか、メールでお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

デニム ジーンズ 裾上げ ダメージ残し加工


ジーンズの丈上げで失敗しない方法
ジーンズの丈を上げたら、なんかイメージが変わってしまった・・・なんてことはないですか?それはおそらく丈が短くなることで、全体のシルエットが変わったことと、裾のダメージ部分が切り落とされてしまったために、ダメージのないきれいな裾になってしまったためだと思います。シルエットについては裾巾を詰めることでシルエットをイメージに戻すことは可能ですが、今回は裾巾のダメージ残しの方法をご紹介します。上記の写真はハサミ込みという手法を使って丈を上げた時の写真です。この方法は、ご希望の丈になるようカットしたジーンズの裾に、もともと裾だった部分(ダメージのある裾)を挟み込み、縫い目を目立たないようステッチをかけ縫い付ける方法です。この方法を使えば、買ったときのイメージを損なわずに丈を短くすることが可能です。

ジーンズ裾上げ ダメージ残し ¥1944~

詳しくは店頭にお越しいただくか、メールでお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから